【事故物件?!】体験談を少し


心理的・物理的瑕疵(かし)満載のアパートに住んだ体験

私は昔、インターネットで杉並区某所に、非常に安いアパートを見つけました。

JR中央・総武線沿線の駅から徒歩6~7分の立地の良さです。

古いとはいえ、ちゃんとお風呂もあるアパートの1Kで、

相場より1万5000円~2万円ぐらい安かったです。

これは、激安です。

さっそく不動産仲介業者に「事故物件じゃないですか?」

…と、ストレートに確認をしてみたところ…

 

「大家さんが赤羽の人で赤羽と同じ感覚で家賃を決めてるんですよ!」

「ぜひ、内見に来てください!」

 

電話であっけなく、軽い感じで言われました。

そんなアホな理由があるのかなと思いながらも…結局、私は内見に行きました。

 

2階建てアパートの1階でした。

昭和を彷彿とさせる例外なく古いアパートです…。

とても古い建物ですが、外装は白いペンキでちゃんと塗装されています。

一瞬だけ見たら、ごく一般的なアパートに感じました。

ドアもほんの少し高級感のある木製のドア。

妙なところに金かけてるなと思いました。

内装も良かったです。

畳からフローリングにリフォーム済み。

壁紙がきれいに張り直されていて、キッチンは新品…。

お風呂もバランス釜から給湯式にリフォームされていてかなり綺麗。

 

私はあっけなく気に入ってしまい、その日のうちに契約してしまいました。

 

そして住み始めた当初は快適だと思っていたのですが…。

 

左隣に住んでいる70代の1人暮らしのおばあちゃんは優しくていい人なんですが、

とにかく、話好きな元気なおばあちゃん…。

捕まると本当に30分でも1時間でも平気で長話になりました。

そのおばあちゃん、不動産会社にしょっちゅうアパートの事で電話をかけ、

意見や相談を頻繁にしていたので、クレーマーに見られていた事でしょう…。

 

その他、私の真上の部屋に住んでいた男性が1日中、大きな足音を立てて歩き回るんです。

精神的に病んでる方かなっと思ってました。

あとから聞いたのですが、生活保護受給者で在日外国人の方でした。

 

その右隣の部屋に、入れ墨をしたガラの悪い男性が住んでいました。

さらに、アパートの向かいに過激で有名な某宗教団体の本部がありました。

その施設は、宗教団体の看板などは全くありません。

毎日、大勢の人が出入りしていて、怪しいなあと思ってました。

ネットで住所から検索していったところ、

かなり過激な宗教団体の本部と知ったのです。

とにかく、他の宗教団体・教派をどんどん攻撃する事で有名な団体です。

その関係で、警察沙汰の事件も起こしています。

 

そして、最後は不思議系の話ですが、

私の右隣の部屋が長期で空室だったにも関わらず、

夜中に足音襖を開ける音がしてました。

これは正直、怖かったです…。

ただ、これを幽霊だと断定するのは早すぎると思いました。

例えば、管理会社がなぜか夜中に何らかの理由で出入りしていたとか…。

とにかく、不思議でした。

 

私が実際に住んで気になったのは以上です。

振り返ってみると、心理的瑕疵の要素がたくさんある物件でした。

死者が出ていない物件であっても、いろいろ問題はあるもんです。

それでも安い家賃を考えると意外と我慢できました

とにかく、住みやすくて楽しい街でした。

 

結局、数年後、このアパートはシロアリに土台のほとんどが喰われているので、

取り壊す事になったと連絡があり、強制退去となりました…。

現在は全く別のエリアに転居していますが、この訳ありアパートには大変お世話になりました。

感謝の気持ちでいっぱいでした…。

現在は、新しいアパートが建っています。

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で