【事故物件?!】体験談を少し

心理的・物理的瑕疵(かし)満載のアパートに住んだ体験

私は昔、インターネットで杉並区某所に、非常に安いアパートを見つけました。

JR中央・総武線沿線の駅から徒歩6~7分の立地の良さです。

古いとはいえ、ちゃんとお風呂もあるアパートの1Kで、

相場より1万5000円~2万円ぐらい安かったです。

これは、激安です。

さっそく不動産仲介業者に「事故物件じゃないですか?」

…と、ストレートに確認をしてみたところ…

 

「大家さんが赤羽の人で赤羽と同じ感覚で家賃を決めてるんですよ!」

「ぜひ、内見に来てください!」

 

電話であっけなく、軽い感じで言われました。

そんなアホな理由があるのかなと思いながらも…結局、私は内見に行きました。

 

2階建てアパートの1階でした。

昭和を彷彿とさせる例外なく古いアパートです…。

とても古い建物ですが、外装は白いペンキでちゃんと塗装されています。

一瞬だけ見たら、ごく一般的なアパートに感じました。

ドアもほんの少し高級感のある木製のドア。

妙なところに金かけてるなと思いました。

内装も良かったです。

畳からフローリングにリフォーム済み。

壁紙がきれいに張り直されていて、キッチンは新品…。

お風呂もバランス釜から給湯式にリフォームされていてかなり綺麗。

 

私はあっけなく気に入ってしまい、その日のうちに契約してしまいました。

 

そして住み始めた当初は快適だと思っていたのですが…。

 

左隣に住んでいる70代の1人暮らしのおばあちゃんは優しくていい人なんですが、

とにかく、話好きな元気なおばあちゃん…。

捕まると本当に30分でも1時間でも平気で長話になりました。

そのおばあちゃん、不動産会社にしょっちゅうアパートの事で電話をかけ、

意見や相談を頻繁にしていたので、クレーマーに見られていた事でしょう…。

 

その他、私の真上の部屋に住んでいた男性が1日中、大きな足音を立てて歩き回るんです。

精神的に病んでる方かなっと思ってました。

あとから聞いたのですが、生活保護受給者で在日外国人の方でした。

 

その右隣の部屋に、入れ墨をしたガラの悪い男性が住んでいました。

さらに、アパートの向かいに過激で有名な某宗教団体の本部がありました。

その施設は、宗教団体の看板などは全くありません。

毎日、大勢の人が出入りしていて、怪しいなあと思ってました。

ネットで住所から検索していったところ、

かなり過激な宗教団体の本部と知ったのです。

とにかく、他の宗教団体・教派をどんどん攻撃する事で有名な団体です。

その関係で、警察沙汰の事件も起こしています。

 

そして、最後は不思議系の話ですが、

私の右隣の部屋が長期で空室だったにも関わらず、

夜中に足音襖を開ける音がしてました。

これは正直、怖かったです…。

ただ、これを幽霊だと断定するのは早すぎると思いました。

例えば、管理会社がなぜか夜中に何らかの理由で出入りしていたとか…。

とにかく、不思議でした。

 

私が実際に住んで気になったのは以上です。

振り返ってみると、心理的瑕疵の要素がたくさんある物件でした。

死者が出ていない物件であっても、いろいろ問題はあるもんです。

それでも安い家賃を考えると意外と我慢できました

とにかく、住みやすくて楽しい街でした。

 

結局、数年後、このアパートはシロアリに土台のほとんどが喰われているので、

取り壊す事になったと連絡があり、強制退去となりました…。

現在は全く別のエリアに転居していますが、この訳ありアパートには大変お世話になりました。

感謝の気持ちでいっぱいでした…。

現在は、新しいアパートが建っています。

実際、事故物件は人気があります…。

人気急上昇の事故物件

最近、巷では『事故物件』が流行っています。

事故物件専門のサイトがあったり、事故物件に住むお笑い芸人やタレントもいます。

驚いたのは、そのせいで事故物件の家賃が上がっているという事です。

事故物件は家賃が激安なのがいいところなのに…。

現在は、激安から格安に変わったという事でしょうか?!

【事故物件住みます芸人】松原タニシさんのツイートより

私が大好きな松竹芸能のお笑い芸人の松原タニシさんが見つけた物件情報が強烈です。

霊感の強い方はご遠慮ください。』とはおもしろい。

関西のノリじゃないかと思います。

ちょっと調子に乗りすぎのような気もしますが…。

ただ、この物件は他の方のツイートによると墓地に隣接している物件のようです。

だから、死者が出た部屋という訳ではなさそうです。

墓地が目の前なので、幽霊が出そうという事で、心理的瑕疵の物件という事ですね。

家賃が2万6千円って激安ですが、大阪の高槻まで行って、

さらに駅から徒歩15分の立地を考えれば、個人的にはそこまで激安とも言えないような気がします。

それでも、相場よりは安いはず…。

ひょっとしたら、目の前が墓地でも全然気にしない方にはいい物件かも知れません。

心理的瑕疵はあくまでも個人の主観の問題ですから…。

 

私は、仕事で東京都港区の高級住宅地へよく行きますが、お寺が結構多いエリアです。

某超高級タワーマンションの上階の景色を見学させてもらった事があります。

確かに、東京タワーとかばっちり見えて絶景だったのですが、

下に目を向けると墓地が目立ち、ちょっと興ざめしました。

墓地の一部を少し移動して建てたらしいです。

さらに、こっそり教えてもらいましたが、幽霊が出る噂もあるとの事…。

超高級マンションで変な噂が立たないように徹底されているとは思いますが、

私は若干、心理的瑕疵を正直感じました…。

話題になった事故物件の一例

家賃2.3万、ワケあり、オバケ付き! 大手スーモ掲載「事故物件」がヤバすぎる

J-CASTニュース 2013/7/16 19:29 配信分より抜粋

リクルート系の大手不動産サイトである、SUUMO(スーモ)の物件情報です。

オバQのイラスト付きとは、不動産側がふざけすぎだと思いますが、

事故物件を逆手にとって契約を取ろうとする営業精神はすごい(?!)と思いました。

「事故物件♪ 人気の事故物件♪初期費用が少額♪TDL近い♪バストイレ付き♪」

「一人暮らしなのに一人暮らしではないような感覚にさせてくれる寂しがり屋さんにオススメのお部屋です♪」

千葉県浦安市の物件で、家賃46000円が半額の23000円…。

閑静な住宅地。

ちゃんとお風呂も付いています。

これは激安でしょう。

浦安駅からバス5分はちょっと微妙かもしれせんが…。

 

それにしても、開き直った案内文がやっぱりおもしろいですね。

当時、ネットで話題になって申し込み・問い合わせが殺到し、

すぐにSUUMOの掲載が終わりました。

 

とにかく、事故物件はやっぱり安さが魅力。

そもそも、幽霊とか信じない方や、

話のタネに住んで、SNSなどにアップしたい方とかには人気が出て当然でしょう。

 

ただ、事故物件の需要が増えてきたせいで家賃が上がってきているのは残念です。

そもそも事故物件とは何でしょうか?

私は事故物件の怪談話が大好きです!

 

※イメージ

 

私は大のホラー好きで、怪談や都市伝説など、特に心霊系の怖い話が好きです。

その中でも、特に私は、いわくつき物件とか訳あり物件とか…

いろんな言われ方をしますが、とにかく事故物件にまつわる幽霊話や怪談話が好きです。

「アパートに引っ越したら霊が出た」といった感じの…。

私は、東京だけで実に20回以上、引っ越しをしています。

私には引っ越しが趣味のようなところがあります。

だから、アパートやマンションにまつわる怪談や都市伝説はとても興味深いです。

自分自身が当事者になった気分になって楽しめます。

 

今回、私自身の体験も含め、事故物件についていろいろ整理してみる事にしました。

さらに、アパートやマンションに関わる怪談話などをもっと収集して考察してみたいです。

そんな気持ちで、このサイトを開設しました。

事故物件とは何でしょうか?

そもそも、事故物件とは何でしょう?

 

大体、想像つくとは思いますが、自殺殺人事件火災孤独死(自然死)など、

過去に何らかの死亡事故があった不動産物件の事をいいます。

 

ただ、一言で事故物件と言っても意味が広いので、線引きがあいまいです。

一般的に事故物件に関しては、とにかく死が関わっている物件を指す事が多いようです。

 

テレビを見ていても、死者を出している物件を事故物件と言っていますが、

たまに、幽霊が出る(と言われる)物件に対しても事故物件と言っているものがありました。

 

幽霊アパートとか幽霊マンションなど幽霊物件死者が出ない物件でもありうると思うので、

幽霊物件は心理的瑕疵(しんりてきかし)物件に分類される場合もあります。

心理的瑕疵物件(しんりてきかし)物件とは何でしょうか?

心理的瑕疵(しんりてきかし)という、不動産取引でよく使われる言葉…。

漢字検定に出てきそうな、読みづらいし難しい言葉だと思います。

アパートやマンションの賃貸情報などの備考欄によく

「心理的瑕疵あり」

「告知事項あり」

…などの記載があります。

 

辞書で調べれば、瑕疵(かし)とは「きず・欠点」と出てきます。

心理的(精神的)に問題がある(と思われる)物件を意味しているかと思います。

 

そんな心理的瑕疵物件ですが、

拡大解釈すれば、キリがありません。

事故物件と違い、死者が出ない場合でも心理的瑕疵物件になります。

例えば、

原因不明だが幽霊が出ると有名な部屋。

隣の部屋にクレーマーが住んでいる。

下の階に暴力団関係者が住んでいる。

近くに怪しい宗教団体がある。

空き巣被害があった部屋。

 

……など、

死者が出ていない物件であっても、住むと精神的ダメージを受けそうな物件は、

ほとんど心理的瑕疵物件扱いになるかと思います。

ただし、民事裁判の過去の判例で心理的瑕疵に該当するかどうか、

ある程度は決められているようです…。

物理的瑕疵(ぶつりてきかし)物件もたくさんあります。

心理的瑕疵物件があれば、逆に物理的瑕疵物件もあります。

物理的瑕疵は心理的瑕疵と比べれば単純で分かりやすいです。

例えば、

老朽化が進んでいる。

欠陥住宅で、建物が傾いている。

シロアリ被害がある建物。

雨漏りがする部屋。

 

……など、要するに住む際に難がある物件が物理的瑕疵物件です。

だから、テレビで安い訳あり物件が紹介されている時は、

「我慢ポイント」

「訳アリポイント」

とか勝手に名付けて、これだけ我慢すれば安い家賃で住めますよ(⁈)と紹介されています。

住むと面倒という事ぐらいで、霊的な怖い話などほとんどありません。

だから、怪談話などでは物理的瑕疵の言葉はあまり登場しません…。

簡単にまとめてみました。

事故物件は、過去に死者が出ている物件ですから、

心霊系の怪談話や都市伝説が生まれやすいという事です。

「住んだアパートに夜な夜な女性の霊が現れる」などの怪談が生まれてきます。

 

心理的瑕疵物件は、死者を出していない物件であっても精神的苦痛を感じる物件だから、

ヒトコワ系、本当に怖いのは人間系の怖い話・都市伝説が生まれやすいです。

「おかしな隣人」とか「モンスタークレーマー」などの話が多く生まれます。

やっぱり一番怖いのは人間だとよく言います。

その人間が幽霊になったらもっと怖いというのが私の持論です…。

 

また、厳密には墓地の跡地の物件とか、

たまたま霊道(幽霊の通り道)があるため霊が現れるといった、

心理的瑕疵物件もある訳です。

 

私個人で調べた限り、事故物件と心理的瑕疵物件を同義語という説明があったり、

事故物件に心理的瑕疵物件も含まれるというサイトもいろいろありましたが、

結局、

自殺や殺人事件、いわくつきの土地に建てられた物件など

 

幽霊が出そうな物件を総じて事故物件!!!

 

…と言えば、私は一番しっくりくるのではと思います。

 

 

当サイトではそのように解釈します…。

事故物件に関わる知識・怪談・体験談など